平元銀次郎(広陵高)はドラフト何位指名なのか予想!希望球団はどこ?

どうも管理人のたいがだ。

平元銀次郎選手について別記事でも紹介したが、今回の記事はさらに掘り下げて紹介していこうと思う。

 

今年ドラフト注目の選手の一人であるが、あの全国的に強豪校である広島県にある広陵高校に所属している人物になる。

 

広陵高校と言えば、日本のプロ野球選手輩出率は横浜高校とPL学園に続く3位と言うプロ野球排出学校となっている。

 

それだけ恵まれた環境や設備、監督、仲間がいることが分かる。

では、平元銀次郎選手について紹介していこうと思う。

【関連記事】

平元銀次郎(広陵高)の父親と家族を紹介!兄弟はいるのかも併せて紹介!

スポンサードリンク

名前    平元 銀次郎(ひらもと ぎんじろう)

生年月日  1999年

出身地   福岡県福智町出身

体重    74キロ

身長    178cm 

血液型   不明

ポジション 投手

投打    左投げ左打ち

 

野球を始めたのは小学校3年生の時になる。

野球を始めた当初から投手をしていたのかは不明であるが、そのまま地元の中学校に進学することになる。

 

中学校の部活には所属せずに、シニアリーグである西日本スコーピオンに入ることになる。

やはり、中学校の部活では軟式ボールとなるのでプロを意識して硬式ボールを扱うことが出来るシニアリーグに所属したのではないかと思う。

 

そして、中学生まで過ごした福岡県を離れることになり野球留学先である広島県の広陵高校に進学することになる。

 

これは本人の希望なのか高校側がスカウトしたのかは不明ではあるが、なんとあの選手層が厚い広陵高校で1年の春にベンチ入りを果たしていんだ。

3年生でも一回もベンチ入りをしたことが無いという状況で、新入学生が春にベンチ入りを果たすと言うことは監督が素質を認めたと言うことになるな。

 

では、どれくらいの実力を持っているのか調べてみようと思う。

そして、ドラフト何位指名なのか予想も併せて紹介するぜ!

スポンサードリンク



 

ドラフト何位指名なのか予想!

では、まず最速のスピードと球種を紹介していこうと思う。

 

ストレートの最速は146kmを投げられる。

球種は、スライダー、カーブ、フォークの3球種を持っている。

 

その実力は1年生の夏に既に発揮されていた。

広島大会全5試合に中継ぎで登板することになり、計8.1回で9三振、7安打2失点という快挙を見せることになった。

2年生の夏には、尾道商業との練習試合では自己最多の17奪三振を達成した。

 

変化球での自慢は切れのいいスライダーである。

それに自慢のストレートは146キロを持ち合わせているので評価はとても高いと思う。

 

まだ、3年生夏の最後の大会が残っているのでまだ判断は出来ないがドラフト1位指名はほぼ確定ではないかと思う。

あくまで管理人自身の見解であるので、予想が外れることはあるw

スポンサードリンク



 

希望球団はどこ?

希望球団はやはり地元のソフトバンクではないかと思う。

しかし、昨年リーグ優勝を果たして今年も勢いに乗っている広島カープと言うことも考えられるな。

 

どこの球団としても歓迎される逸材だと思うので本人が行きたいと思った球団に行ってくれればいいなと思う。

 

最後に

平元銀次郎投手について記事を書いてみたがいかがであったろうか。

これまでも色んな選手を紹介してきたが、ここまで素晴らしい選手がいたことに正直驚いた!

是非とも甲子園での力投を見たい!

【関連記事】

平元銀次郎(広陵高)の父親と家族を紹介!兄弟はいるのかも併せて紹介!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です